シングル マッティ・ピックヤムサ | 神戸北野の小さな北欧 markka(マルカ)
September.28.2017

s大阪府高槻志三田の丁
大阪府福島区玉川2-3-16マッティ・ピックヤムサ

日 程  
border-bottom:2px solid $black; border-bottom:2px solid $black;
border-bottom:2px solid $black; border-bottom:2px solid $black;
時 間  
定 員  
料 金  
ご予約  

ハーダンガー刺しゅうとは

ハーダンガーは、ノルウェーの南部に位置するHarudanger(ハルダンゲル)という地方の名称が語源です。イタリアで発達したドロンワーク(糸抜き)技法がノルウェーに伝わり、ハーダンガー刺しゅうと呼ばれるようになりました。ハーダンガー刺しゅうは、コットンやリネンの平織りの布地に目を数えながら刺していく区限刺しゅうの一種です。

先生からのおはなし

ハーダンガー刺しゅうをはじめたい方にまずお伝えしているのが、刺しゅうの経験は一切いらないということ。針を持ったことがない方でもやっていけます。小さい作品だと1~2日で出来ますよ。手芸や刺しゅうをなかなか始められなかった方には、きっかけになるのかなと思います。

2回目以降の教室では、個々で相談しながら作るものは決めていくので、自分の作りたいものを作れます。

時間がかかるので根気だけがいりますが、とにかく楽しんで取り組んでください。他教室ではカリキュラムがあることが多いですが、マルカさんでは作りたいものを作ってもらえるので、2年以上通われている生徒さんもいらっしゃいますよ。

PROFILE

名前名前

ハーダンガー刺しゅうをはじめたい方にまずお伝えしているのが、刺しゅうの経験は一切いらないということ。針を持ったことがない方でもやっていけます。小さい作品だと1~2日で出来ますよ。手芸や刺しゅうをなかなか始められなかった方には、きっかけになるのかなと思います。2回目以降の教室では、個々で相談しながら作るものは決めていくので、自分の作りたいものを作れます。時間がかかるので根気だけがいりますが、とにかく楽しんで取り組んでください。他教室ではカリキュラムがあることが多いですが、マルカさんでは作りたいものを作ってもらえるので、2年以上通われている生徒さんもいらっしゃいますよ。

Matti pikkujamsa(マッティ・ピックヤムサ)

1976年、フィンランド・オウル市生まれ。
ヘルシンキ芸術デザイン大学(現 アアルト大学)在学中に
イラストレーターとして仕事をはじめる。
その後、フィンランドの大手新聞社Helsingin Sanomatや出版社から依頼を受け、
挿絵を数多く手がける。近年では、フィンランドのテキスタイルブランド、kauniste、
Lapuan Kankurit、marimekkoからテキスタイルデザイナーとしてデザインを発表。
ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンも受賞した名誉ある児童文学賞
「ルドルフ・コイヴ賞」を2013年に受賞。
日本のインテリア雑誌でも大きく取り上げられ、注目を集めています。
近年は、フィンランドと日本を中心に
「マッティの似顔絵屋さん」がブームとなっています。










このページの先頭へ