シングル Keiko Olsson (オルソン恵子) | 神戸北野の小さな北欧 markka(マルカ)
November.2.2018

s
sKeiko Olsson (オルソン恵子)

日 程  
border-bottom:2px solid $black; border-bottom:2px solid $black;
border-bottom:2px solid $black; border-bottom:2px solid $black;
時 間  
定 員  
料 金  
ご予約  

ハーダンガー刺しゅうとは

ハーダンガーは、ノルウェーの南部に位置するHarudanger(ハルダンゲル)という地方の名称が語源です。イタリアで発達したドロンワーク(糸抜き)技法がノルウェーに伝わり、ハーダンガー刺しゅうと呼ばれるようになりました。ハーダンガー刺しゅうは、コットンやリネンの平織りの布地に目を数えながら刺していく区限刺しゅうの一種です。

先生からのおはなし

ハーダンガー刺しゅうをはじめたい方にまずお伝えしているのが、刺しゅうの経験は一切いらないということ。針を持ったことがない方でもやっていけます。小さい作品だと1~2日で出来ますよ。手芸や刺しゅうをなかなか始められなかった方には、きっかけになるのかなと思います。

2回目以降の教室では、個々で相談しながら作るものは決めていくので、自分の作りたいものを作れます。

時間がかかるので根気だけがいりますが、とにかく楽しんで取り組んでください。他教室ではカリキュラムがあることが多いですが、マルカさんでは作りたいものを作ってもらえるので、2年以上通われている生徒さんもいらっしゃいますよ。

PROFILE

名前名前

ハーダンガー刺しゅうをはじめたい方にまずお伝えしているのが、刺しゅうの経験は一切いらないということ。針を持ったことがない方でもやっていけます。小さい作品だと1~2日で出来ますよ。手芸や刺しゅうをなかなか始められなかった方には、きっかけになるのかなと思います。2回目以降の教室では、個々で相談しながら作るものは決めていくので、自分の作りたいものを作れます。時間がかかるので根気だけがいりますが、とにかく楽しんで取り組んでください。他教室ではカリキュラムがあることが多いですが、マルカさんでは作りたいものを作ってもらえるので、2年以上通われている生徒さんもいらっしゃいますよ。

スウェーデン・リンショーピン在住
2008年にスウェーデンに移住。現地で洋裁店 「Syateljé Keiko Olsson (ケイコ・オルソンの洋裁店)」を経営し、洋裁レッスンやワークショップなどを行う傍、ヴィンテージ生地で作品を作る「布作家」としても活動。手芸本の監修やデザイン提供、YouTubeのソーイングチャンネルも運営中(登録者12万人)
Instagram https://www.instagram.com/keiko_olsson/
自己紹介 https://note.com/keiko_olsson/n/n85ce4589cf8f










このページの先頭へ